「講師」がいる勉強法の安心感と確実性

*

「講師」がいる勉強法の安心感と確実性

独学と通学・通信講座の最大の違いは「講師」がいる…ということでしょう。

わからない部分を調べるのに時間がかかる独学

独学の場合は気軽に勉強をスタートすることができますし、最初はお金もそれほどかからないのが魅力です。
でも、独学の場合は当たり前ですが誰も頼る人がいないので、もし勉強の方向性に迷ったり、わからない部分があった時に導いてもらえないのがデメリットです。

自分で他の参考書を見て調べるか、インターネットを駆使して調べるしかないので、納得できる解答を得るのに時間がかかってしまいます。

純粋に勉強する時間以外の無駄な時間を費やしてしまうことが多いので、先に進むのが遅くなり、何度も同じようなことが続くことで勉強へのモチベーションも下がります。
合格への道も遠のいてしまうので、1回で合格したい人は独学には向いていないでしょう。

講師がいれば問題は解決できる!

また、通関士試験は法改正への対応で内容が変化し、試験の出題形式の変更もあるので、常に新しい受験情報を入手しなければならないものです。
しかしながら、その情報が入ってこないのが独学のデメリットでしょう。

通学や通信講座のメリットはなんといっても「講師」がいることです。もしテキストを読み進むうちにわからない部分があったら、講師に質問をすることができるので問題は早く解決しますし、すぐに次に進むことができます。

また、独学の場合は手探りで勉強進めなければなりませんが、通学や通信講座の場合は、合格するために必要な点数を稼げる分野だけに絞って、重要な部分を教えてくれます。見当違いの範囲を勉強して時間を無駄にすることがありません。

通信士資格試験は通関業法や関税法など幅広い法律の問題が出るために、すべてを勉強しようとすると大変なので強弱を付ける必要があります。
講師がいれば取捨選択に迷うことなく勉強できるので、初めて通関士の資格試験に挑戦する人でも合格は不可能ではありません。

勉強に迷うあまりにあれこれとテキストや問題集を買い込んでしまい、結果的には通信講座よりもお金も時間もかけてしまった…という人も少なくないのです。

>>効率よく最短で通関士に合格する方法を知りたいなら