独学以外の勉強方法を知りたい!

*

独学以外の勉強方法を知りたい!

通関士試験の合格率は15%ほどなので、それほど努力しなくても簡単に合格できるとは思わないほうが良いでしょう。

でも合格基準は「通関業法」・「関税法など」・「通関実務」の3分野で60%を獲得できれば良いので、きちんと点数を取れる勉強をしていれば大丈夫です。

正しい受験情報を得ることができない独学

独学は気軽にリーズナブルにスタートできますが、合格できる勉強方法を教えてもらえないのがデメリットです。また通関士試験は、毎年出題形式や分野が変化するので、独学の場合は正しい受験情報を入手することができないのも難点でしょう。

そのために1回で早く合格した人や1度失敗した人には通学や通信講座のほうがおすすめです。

直接講師に質問できる通学講座

通学口座の場合、わからない部分は講師に直接質問することができ、クラスメートもいるので勉強へのモチベーションも上がります。
「生の授業」は、ひとりで勉強しているよりも集中することができるでしょう。

ただし、通学の場合は自宅や会社のそばに学校がないと通うのが大変ですし、急に残業が入ることの多い人の場合はキャンセルしなければならないので、授業料が無駄になることもあります。

通学に通いきれなくなり途中でリタイアする人も多いので、学校の場所、授業の時間帯、キャンセル時のシステム、授業料など様々な要素を含めて、本当に自分が通いきれるかどうかを検討して慎重に決めるほうが良いでしょう。

通学と同じレベルの講義を受けることができる通信講座

そして最近では通学と同じレベルの講義を受けることができる通信講座も人気があります。

テキストと問題集だけの通信講座は独学に近いのであまりおすすめできませんが、DVDやCDなどの視覚や聴覚に訴える教材も用いて勉強を進めてくれる通信講座なら、飽きることなく勉強を続けることができます。

講座内容が充実している通信講座の場合は、通学のリアル感と独学の気軽さを併せもっているので、効率的に勉強ができるのがメリットなのです。

勉強方法や進め方に悩むことなく、受験に関する情報も入手できるので、安心して自宅で試験に望むことができます。

>>効率よく最短で通関士に合格する方法を知りたいなら