独学で合格できる!?通関士の資格

*

独学で合格できる!?通関士の資格

今後ますますグローバル化する日本において、最近注目度が高まっているのが「通関士」の資格です。
通関士とは、輸出入で経済を支えている日本の貿易の現場で、クライアントである輸入・輸出者に代行して手続きを行う人のことです。
貿易に携わる国家資格としては唯一の資格であり、通関士の資格を取得すれば世界を相手に様々な製品や原料が動いている現場で活躍することができます。

転職・就職.キャリアアップを考える人が挑戦

貿易関係の会社や流通業などで働く人はもちろんのこと、今後様々な企業で需要が高まることが期待されているのが通関士の資格です。
就職や転職を考えている人や、現在の職場でのキャリアアップを考えている人など多くの人がチャレンジしています。

通関士の資格は国家資格ではありながら、受験資格として学歴や年齢、性別、国籍など一切問いません。
簡単に合格できる資格ではないものの、受験日までに計画的に無駄のない勉強法で勉強すれば決して合格も「夢」ではありません。

独学で通関士の資格に合格できるのか?

多くの人が通関士資格の受験に備えて勉強を始める時に迷うのが勉強法です。
資格取得のためには、独学や専門学校への通学や通信講座などの勉強法がありますが、皆さんどのような方法を選んでいるのかが気になるところです。

一番気軽に勉強を始められる独学は、受験を決めたらすぐに参考書やテキスト、問題集などを購入すれば勉強をスタートできます。お金もそれほどかからず自分の都合の良いタイミングで始められるので、「まずは独学で!」と考える人も多いでしょう。

けれども独学の場合は、参考書選びも勉強のスケジュール組みも、勉強方針もすべて自分で決めなければなりません。
試験の出題範囲は広いので、すべてを一から全部覚えようとすると大変です。

気軽でリーズナブルな分大変なことも…

試験勉強は出題頻度の高い問題に的を絞り、合格に照準を当てて効率良く疲れないように勉強することが大切なのですが、初学者の場合は独学だと攻略法に迷ってしまうでしょう。

独学はリーズナブルで気軽に始められる分、その後自分でやらなければならないことが多いこと、学校のように講師に質問したりなど、他の人の力を借りれないことを頭にいれておいて下さい。
独学の利点と欠点を知れば、合格のための勉強をスムーズに進めることができます。しっかり把握してから学習を開始しましょう。

>>効率よく最短で通関士に合格する方法を知りたいなら